読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こっそり妄想徒然紀行

どうでもいい事をそこそこ真剣に、ゆるーく考えるブログ

何故スターウォーズはオシャレで、アニメはキモいのか

diary

f:id:mousoumen:20151226005937j:plain

 

スター・ウォーズ最新作が封切られたとあって、話題ですね!

僕、全然興味ないんですけどね!!!

まあ、全然いいと思うんですけど、ただ個人的によくわかんないのが、スター・ウォーズに熱狂してるとなんかおしゃれな感じで受け入れられてることなんです。

 

 スター・ウォーズはおしゃれなのか

僕のfacebookのタイムラインでも、上映開始の当日朝から結構フィードに流れてきました。「何としてでも行かないとならない」「今から楽しみ」「衝動買いで(グッズを)買いまくってしまった」などなど。

で、それらに大量のいいねがつく、と。

 

まあ僕も格闘技大好きっ子なので、大好きなものが久々に見れる喜びと興奮はよくわかります。ただ、僕が格闘技最高!的なことをFBに書き込んでも誰もいいねしてくれないんですよね。いつもは大体50前後はつくんですけども。

なぜなのか、と。

どうやらスター・ウォーズに熱狂するのはおしゃれなようなんです。世間的な位置付けとしては車とか時計とか嗜好品みたいな感覚なんでしょうか。

だから、ファンは堂々と想いを表明できるし、「スター・ウォーズマニア」と公言してもなんら恥ずかしいことはない。「困ったものね」なんて恋人に言われても、実際は全然困ってない。

でもですね、僕から言わせると、この記事のアイキャッチで拝借してる画像を見る限り、この世界観はどう見ても厨二病ですけども。

アニメはキモい

スター・ウォーズ見てませんが、宇宙での戦いなんですよね。ビームサーベルみたいなのを使って、ロボットとか出てきながら悪の王国(?)と戦う仲間達の旅の物語なんでしょうね。

でも、これだけ聞くとどこかのアニメみたいじゃないですか?もしこの設定と物語をそのまんまアニメにして声優が声吹き込んで深夜にやっても、果たしておしゃれなんですかね?

僕、違うと思うんですよねー。アニメは何やってもやっぱりキモイんです。実際のところ、物語とかそんなのどうでもよくて、「洋物映画はおしゃれ」であり「アニメはキモイ」んです。世間的にはね。

でもこれ、個人的には納得いかないんですよね。アニメ、そこそこ見るんですけど、facebookなんかに書き込めないんですもの。

一体どうして僕が好きなものはことごとく市民権を得ないんでしょうね。まあ別にいいんですけども。

世の中の大半は、イメージでできている

つまりはこういうことなんですよ。全てはイメージなんです。

イメージ、先入観、そうしたものによって世の中の人々は動かされるんです。

そしてそれをうまく活かしてビジネスに活かすのがブランドマネジメント

スター・ウォーズはブランドマネジメントが上手なんでしょうね。だから実際のところ面白いかどうかとは関係ないところで熱狂が生まれるんです。

*本当はつまらないと言ってるわけではありません。きっと面白いんでしょう。これだけ世界中の人が熱狂するんだから、きっと魅力がたくさんあるんだと思います。スター・ウォーズの実態について言及するつもりは全くありません。念のため。

 そしてアニメは1989年の宮崎勤の事件以来、すっかりキモくてやばい人が見るもの、というイメージがついてしまいました。

まあ今ではだいぶ市民権は得てきた感じはありますが、それでもやっぱりアニメはキモイイメージは根強いかと思います。

f:id:mousoumen:20151226095325j:plain

リア充オタクなども現れてはいますが、あれは要は本物のオタクではなく、キモがられないギリギリのラインを攻めてる存在だと思うのです。そういう意味では、ちゃんとブランドマネジメントできてるのかもしれない!

 

まあ、だからなんだと言う話なんですが、世の中的なスター・ウォーズ最高!な風潮にちょっと物申したくなっただけなんです。繰り返し言いますが、スター・ウォーズ自体には何ら思うところはございませぬ!

スター・ウォーズ BB-8 & R2-D2 1/12スケール プラモデル
バンダイ (2015-12-26)
売り上げランキング: 1