読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こっそり妄想徒然紀行

どうでもいい事をそこそこ真剣に、ゆるーく考えるブログ

ブログを始めて落ち込んだこと(きっと皆さんも同じはず・・・)

f:id:mousoumen:20160212014701j:plain

 

さてさて、このブログを始めて8ヶ月が経過しようとしているわけであります。まあ、いろいろと試行錯誤しながら運営するのって、楽しいなあって思うし、日々の生活の中でちょっとしたアクセントというか、ペース配分というか息抜きというか、コスパの良い趣味ができてよかったなあと思っています。

村上春樹のねじまき鳥クロニクルに頻繁に出てくる「ネジを巻く」という表現に近いかもしれない。

 

ただ、ただですよ、同時に凹んだりすることもあるわけです。その話の前に、ちょっとだけ整理を。

ブログを始める人ってどんな人なんだろう

僕、友人とかにブログ勧めたりするんです。特に社会人の友人にはいいと思ってるんですけどね、本気で。

 

ただ、大抵の人には「いや〜いいよ〜」と言われます。理由は主に二つ。

⑴続かない

まあ、これは分かります。社会人ならなおさら、毎日更新するのも骨が折れるし、ブログ更新って新しい習慣ですからね。そうそう簡単にできるもんでもない。特に文章を書くのに慣れてない方にはきつい習慣ですね。

⑵書くネタがない

そして多いのはこれです。どんな事書いていいかわからない、もしくは人様に語れるような趣味がない、みたいな。

 

で、ですよ。とすると、ブログを始める人ってどんな人なんだろうって事ですよ。上記二つの要素の逆だとすると「文章にある程度慣れており、習慣的に文章を書くのが苦じゃない」そして「書くべき事がある」人だと思うんですね。

 

まあ、実際にブログが続くかどうかはともかく、始める前の段階では少なくとも上記のような自意識はある、と。

僕も、そうでした。お恥ずかしながら、文章は平均レベル以上には自信があったし、自分なりに語れるものとか、なんだったら感性とか個性とか、人並み以上にはあるつもりでした。

 

ええ、もう認めましょう。僕は、少しは文才があると思っていたんですよ。ブログとか書いたらきっとそこそこ読まれるんだろうなあと思っていたんですよ。ええもう、認めますよ。そしてこれが、凹む理由になっていくわけです。

 

ブログ界隈にはすごい人たちがたくさんいた。

 まあ、単純な話です。ブログ界隈には、凄まじい人たちがたくさんいて、自分の凡庸さを強烈に感じることになったわけです。

 

文章に少し自信があったとはいえ、所詮は素人。プロのライターさんとか作家さんとか、そういう人たちにかなわないのはわかっています。

 

ところが、ブロガーは基本的には素人(が多い)。いわば自分と同じ身分。それなのに、むちゃくちゃ面白い人たちがたくさんいらっしゃる、と。プロに負けるなら最初から勝負になると思ってないから別にいいけど、自分と同じ素人なのに凄い人達を見ると、「・・・・・・・・・・」となるわけです。

 

これは、あれですね、高校時代までちょっと自分、個性的とか思ってて、大学入って個性の塊みたいなやつらと出会って感じる井の中の蛙感に近いです。所詮、自分は汎用な人間だった、と痛感する瞬間。惨めですねえ。

 

ただこれは、ひょっとしたらここがはてなだからなのかもしれません。正直、ブログって、一般人がどうでもいいことをただ垂れ流してるだけのイメージがあったのです。

 

僕がはてなを選んだ理由はクリエイターっぽい人のブログがはてなだったからで、まさかはてな界隈の一般人のブロガーさんたちの文章にこんなはまるとは全く思ってませんでした。

 

脱帽しているブログを三つご紹介

というわけで、個人的に愛読しているブログをご紹介。あ、別に売名行為のつもりはありません。引用することによってリターンなんて全く期待しておりませんし、僕のブログで紹介したからといってご紹介するブロガーさんたちにプラスになることなんてほとんどないと思うので。

ここでご紹介するのは、「個性がやばい」&「文章が一気に読ませる」という才能を兼ね揃えた人たちです。まあ、こうしてみると有名な方ばかりなので「なんだよ知ってるよ」かもしれませんが。

 

delete-all.hatenablog.com

 超有名人ですね。40代の方だそうですが、ニヒルな視点で毒のあるユーモアを繰り出しながら一気に読ませる文章はすごいなあの一言です。

毎回毎回、更新のたびに拝読させていただいております。実際にあったらどんな人なんだろう。

 

manato-kumagai.hatenablog.jp

「スタバでダベる女子大生に対し畏敬の念を禁じ得ない」がえらいバズったので最近見かけた方も多いかもしれません。

でも僕はその記事よりも「熊谷さん」の記事で大爆笑させていただきました(タイトルが長いから簡略化で失礼)。

明らかに狙ってるんですが、それでも面白い。きっと頭いいんだろうなあこの人って感じです。

 

guiltych.hateblo.jp

 

「劇場版がルパン見てきたけどオタクがキモすぎて限界だった話」でつい最近炎上したブログです。まだブログ始めて間も無い時期に炎上するって、きっと驚かれたと思うんですが、一度もバズったことの無い僕からするとちょっと羨ましいというか。

ちなみに、オタクがきもいと言いつつもこの方もオタクです。しかも、超マッチョです。

オタクの人って、結構頭いい人が多い印象です。この方がどうなのかは知りませんが、一気に読ませる文章はすごいなーと思って毎回読ませていただいております。

 

というわけで、己の没個性っぷりに失望してはおりますが、マイペースでこれからも更新しますのでどうぞよろしくお願い致します!