読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こっそり妄想徒然紀行

どうでもいい事をそこそこ真剣に、ゆるーく考えるブログ

【大晦日格闘技】RIZIN勝敗予想!*随時更新

格闘技

f:id:mousoumen:20161126233135p:plain

今年もやってきました!RIZIN年末のビッグイベント!

今年もさいたまスーパーアリーナで開催されるRIZINのビッグイベント。去年は僕も会場参戦でしたが、今年はちょっと微妙なんです。。29日はせめていきたいと思ってますが、どなたかご一緒していただけないですかね!

saborimakuri.hatenadiary.jp

まだ全カード発表になってませんが、判明してる分の勝敗予想をしてみます!!

*画像は全てrizinオフィシャルサイトより

 

無差別級グランプリ勝敗予想

ミルコ・クロコップ対ヴァンダレイ・シウバ

29日のメインカードとなっているミルコ対シウバ。これはまあ、普通に考えたらミルコですよね。そもそも体重が全然違うし、近代MMAの文脈で行けばまあありえないカードなわけです。そこを実現させちゃうのはジャパニーズMMA、総合格闘技。PRIDE懐古主義という視点がなければ正直そんなそそられるカードでもないんですが、昨年の年末でSARABAしたはずの同窓会的な視点で見る

のが正解なんでしょう。

でも、勝敗予想としては順当にミルコ。

高阪剛対バルト

イリー・プロハースカの無念すぎる欠場により、代打出場となった高阪。相手がバルトということでこれまた体重差無視のジャパニーズMMA。でも、僕、これは高阪勝つんじゃないかと密かに期待しています。バルトが勝つとしたら体重差を生かした塩漬け対応の判定勝ちしかないかなと思います。逆に高阪は足関節とかで勝てると思うのです。去年のジョームストンプソンのように打撃で倒すことは厳しそうな気がしますが、なんとかバルトのプレッシャーを凌いで、ドロドロでもいいので寝技に持ち込んで、足関節で決めちゃってほしいな、と。

シェイン・カーウィン対アミール・アリアックバリ

事実上の決勝戦、と言われているこのカード。実績だけ見たら暫定とはいえUFCヘビー級王者まで上り詰めたカーウィンなんでしょうが、まだMMAでは世界的には無名とはいえアミールもレスリンググレコローマン世界選手権金メダリストの実績をもつ。
体重はあまり変わらないけど、身長はアミールの方が少しデカイ。カーウィンが継続参戦してくれるともあまり思えないので、期待も込めてアミールの勝利予想。

シモン・バヨル対ワレンティン・モルダフスキー

や、すいません、正直、どっちもよくわかんないっす。

開幕戦の試合、ダイジェストだったしなー。レポートを見る限りでは、開幕戦はシモン

・バヨルがオークストリスを圧倒してるっぽかったのに対し、モルダフスキーはカールに辛勝っぽいので、ここはバヨル勝利ですかね。

ビジュアル的にはモルダフスキーなんですが。

スペシャルワンマッチ

川尻達也対クロン・グレイシー

これはまたヒリヒリする試合ですねえ。

実績、経験の川尻が有利だとは思うんですが、グレイシーには幻想がありますからね。所が手も足も出なかったので、ひょっとしたらひょっとするかもしれません。

リアルな川尻と、幻想のクロン。

でもここは、川尻に勝ってもらわないと、今後のジャパニーズMMAが落ち込んでしまうので!

所英男対山本アーセン

クロンに負けた二人の対戦(というと嫌味っぽいですが)。
まあ、スウィングする試合になるのは間違い無いですね。
意外と勝敗を分けるのは打撃な気がします。アーセンも前回の才賀紀左衛門戦でミドル効かされて失速してましたからね。
またアーセンの場合、タックルで寝かせても所の下からの寝技を警戒する羽目になり、本来得意なはずのタックルが仇となる可能性もある。
となると、打撃になると思うのですがここはMMAの経験豊富な所の打撃が光るでしょう。意外と上手なんですよね、所のボクシング。
ということで、所の勝利。

チャールズ・”クレイジーホース”・ベネット対木村”フィリップ”ミノル

前回からの間髪入れないリマッチ。
でもベネットは先日、シュートボクシングの試合に出て負けておりますが。
うーん、これは、どう見ればいんでしょうねえ。木村のMMAの適性が全く見えないまま前回終わってしまったので、正直全然わかんないです。
でも、これに負けたら木村は本格的にきついですからね。頑張ってもらうしか無いんですが、だからと言って気合だけで勝てる相手かというとベネットはそうでも無い。破天荒に見えて、きっちりベースはありますからね。
ということで、すいませんがベネットの勝利。でも前回よりはいい試合になるかと。

宮田和幸対アンディ・サワー

f:id:mousoumen:20161126232800j:plain昨年、K-1ルールで日菜太に負けた宮田と、前回のRIZINでクルックシャンクに負けたサワー。70kg契約なんすね、この試合。宮田って適性体重、どうなんだろう。まあ、無理ってほどでも無いのかもですが、体格的に見たらサワーの方が有利ですよね。前回のクルックシャンク戦で、MMAとしてはやっぱりまだまだ全然だったことが露呈したサワー。総合力高い宮田にも勝てないんじゃ無いかなと思います。サワーが勝つとしたら、やはり打撃ですね。タックルをうまく切っていって、往年のミルコばりの打撃を決めることができればと思うのですが、サワーの得意技ってキックよりもパンチなので、ミルコのハイキックように一瞬で切って落とす、ということは無理かもしれません。1発の破壊力は、どうしたってキックの方が上ですから。というわけで、宮田勝利と予想。まあ、判定でしょうけど。

ダロン・クルックシャンク対北岡悟

f:id:mousoumen:20161126232803j:plain
これは楽しみなカードですねえ。勝負論満載です。しかも肘ありですからね。
北岡が世界レベルで見てどの辺に位置するのかがよくわかる試合だと思うんですよね。
クルックシャンクも世界戦線で見たら正直中堅どころだと思うので、ここで勝てないようなら日本のMMA、もっというとパンクラスの程度が露呈しちゃうようなもんです。
クルックシャンクは北岡に勝って、その次は軽い因縁がある青木と戦って欲しいですね。
ということで、今後の展開含めクルックシャンク勝利を予想(希望)しまっす。

女子格闘技

アンディ・ウィン対山本美優

前回で敗戦した山本美優からするとまた厳しそうな試合です。
相手のアンディ・ウィンって初登場なので実力のほどはよくわかりませんが、一応チャンピオンだそうで。女子格闘技はまだまだ黎明期ですし、3勝3敗なので、そこまで実力者だとはあまり思えませんが、山本の総合力がどこまで上がってるかですね。
タックルで押し倒してパウンドでうまく決められればいいんですが。
今後への期待も込めて山本勝利で。

中井りん対村田夏南子

これはまたアドレナリン上がりそうなカードですね。
村田は登り調子でまだ苦戦っぽい苦戦をしたことがありません。底が見えないとも言えますが、逆に試合で追い詰められた時の対応をしたことがない、とも言えます。
そして相手の中井は女子格の世界では実力者。村田も今までのようにいかないでしょうし、むしろピンチの局面に追い込まれるはず。そうなった時に村田がどんな対応を見せるのかが注目。
勝負はおそらく、中井の勝利でしょうけど、村田がどこまでできるのか露わになる試合となるでしょう!
 

ギャビ・ガルシア対神取忍

f:id:mousoumen:20161127232936j:plain

これはまた・・・。以前から榊原さんが言っていた「ボブサップ対曙のような対世間向けカード」がこれのことを祈りますが。。。

正直、神取忍がなんぼのもんかわかりませんが、体格、年齢を鑑みて普通に考えたら勝負にならないはずです。ギャビも決してMMAスキルが高いとは今の所言えませんが、いかに神取のプロレスラー魂が凄まじくてもギャビの圧倒でしょう。

 

しかしギャビ的にはこのカード、ショックだったのではないでしょうか。ご本人的には極めてまともにMMAを極めようとしているように見えるのです。それが、こんな見世物カードですからねえ。。。まあ、ギャビとまともに勝負できる女子MMAファイターがなかなか見つからないのかもしれませんが。。。